賃貸の物件は初めはきれいに見えるが、家財が揃って生活が始まると散らかして汚く見えるようになるものだ。

初めての賃貸でのお引っ越し体験談を紹介

初めての賃貸でのお引っ越し体験談を紹介

賃貸の住宅に引っ越したら片付ける習慣を持とう

初めての賃貸でのお引っ越し体験談を紹介
私は社会人になってから賃貸の物件に引越しをしましたが、そのときは不動産屋から紹介された物件を見て、かなり古いと感じたものの、中がとてもきれいに掃除がされてあったので、値段が安かったこともあり、それほど悩まずに、その部屋に決めることができました。引越しをして、家財を徐々にととのえ、しばらく大変でしたが、ようやく必要な家財、家電などが揃って、絶好調に暮らせると思った頃、ふと部屋を見回すと、もう物が乱雑においてあり、どうみても綺麗な部屋とはいえなくなってしまっていました。引越しする前はとてもきれいに片付いていたと思ったのですが、それは家財がなかったからであって、家財が揃ってくると、部屋は乱雑になり、汚くみえるものなのです。すると、この場所に引越しをしてよかったのかと疑うようなこともあり、落ち着かない日々を過ごすようになってしまいます。

しかし、本当に大切なことは、日頃からきちんと片付ける生活をすることです。どんなに忙しくても、一日にちらかしたものは、その日のうちに片付けることです。そのような性格をもつことが大切です。実行する精神力が大切です。忍耐を養わなければなりません。一人暮らしで楽しい日々にうつつをぬかしていては忍耐は育ちません。多少、体をうち叩いて従わせるくらいのことが必要なのです。

推奨記事

オススメのサイト