賃貸契約を結んで実際に自分が引っ越しした時の事を書いています。ダンボールの使い方を書いた内容です。

初めての賃貸でのお引っ越し体験談を紹介

初めての賃貸でのお引っ越し体験談を紹介

賃貸契約が決まってからのお引っ越し

初めての賃貸でのお引っ越し体験談を紹介
賃貸契約が結ばれるといよいよ引っ越しとなるわけですが、一人暮らしの引っ越しならば、実は自分でも出来ます。時間はかかりますが梱包を少しずつ初めていって使わないものはどんどんダンボールにつめておきます。仕事があるのでいつも使用するものは勿論最後まで梱包はしません。大きな家具は、一人では運ぶのが無理だと判断し、友人にお願いしました。下着やワイシャツ、ネクタイ、靴下等は引っ越しをするまでの期間の枚数だけを残しダンボールにいれてしまいます。ここで手間がかかりますがダンボールには何を入れたかを書いておくと開封時にとても便利です。具体的に書いておくと引っ越し先で物がなくって結局すべて開封することになるという事がなくなります。

引っ越し業者に見せるわけでもないので自分だけがわかればいいので気が楽です。新しい引っ越し先では一度にダンボールを開封しないでダンボールに書いた必要なものから開封していくのがコツです。賃貸契約をした部屋で一度にあけてしまうと部屋に物が散乱してそれからの生活が進まなくなります。まずダンボールを開封するのは日用品、会社に使うもの等からです。そのようにダンボールを開封していくと意外と使わないものがわかってそこで整理することも出来ます。

推奨記事

オススメのサイト